オレフィン(C14-16)スルホン酸Na | 無添加シャンプー成分NAVI

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na《無添加シャンプーの含有成分》

無添加シャンプーに含まれる成分には、当然ですが洗浄成分が含まれています。各メーカーによって洗浄成分の違いがありますが、多くの無添加シャンプーで使われているのがオレフィン(C14-16)スルホン酸Naという成分です。オレフィンスルホン酸Naは、ヤシ油のような植物油を加工して作ることができるので、植物由来、天然由来の無添加シャンプーで使われています。

 

無添加のシャンプーというのは、洗浄力が弱かったり、泡立ちが悪くて、洗い心地がすっきりしなかったりします。でもオレフィンスルホン酸Naは、洗浄力が強く、泡立ちが良いので、通常のシャンプーを使い慣れている方にとってはすっきりした洗い心地を実感できます。

 

通常のシャンプーは、洗浄成分に石油系界面活性剤を使用しています。石油系界面活性剤は、洗浄力が高いだけではなく、皮膚を刺激したりタンパク質を変性させたりします。

 

でも、オレフィンスルホン酸Naは植物由来ですから、石油系界面活性剤よりも頭皮や髪に優しく、でもしっかりと洗い上げるというメリットがあるんですね。また、他の植物由来の洗浄成分よりも原価が比較的安いため、シャンプー自体のお値段も安くできるというメリットも持っています。

 

ただ、質の悪い原料から作られている場合は、脱脂力が非常に強いため、タンパク質変性作用を持っていることもあるので注意が必要です。

 

つまり、「無添加」「植物由来」とうたわれていても、オレフィンスルホン酸Naが入っていると、硫酸系の洗浄成分よりは少しだけ髪や頭皮に優しいという程度ということ。ですから、安くてしっかり洗えるというメリットもありますが、他の植物由来の洗浄成分よりは刺激が強いというデメリットもあるんですね。

無添加シャンプー成分NAVI