グリセリン | 無添加シャンプー成分NAVI

グリセリン《無添加シャンプーの含有成分》

ヤシ油やパーム油など、天然由来の油脂をアルカリで鹸化すると、石鹸と一緒に作ることができるのがグリセリンという成分です。グリセリンは、リップクリームやハンドクリームなどに配合されていることが多いので、知っている方も多いと思います。完全に天然由来の成分で安全性が高いというメリットがありますが、やはり一番のメリットはオールマイティーな効果があるということでしょう。

 

グリセリンは、多価アルコールの一種であり、天然の皮膚成分のひとつでもあります。グリセリンの用途は幅広く、保湿剤や柔軟剤、変性剤、粘度低下剤、保護剤、ヘアケア剤、口膣ケア剤などで使われます。その中のひとつが無添加シャンプーです。

 

グリセリンは肌なじみが良く、肌を柔らかくしっとりさせるという効果があります。この効果は、髪や頭皮にも有効で、ダメージで硬くなった髪や頭皮を柔らかくしてくれるんですね。

 

また、ヒアルロン酸と組み合わせると、さらに水分保持能力をアップさせてくれるというメリットも持っています。さらに、ヒアルロン酸が配合されている無添加シャンプーなら、さらにしっとりとした洗い上がりで乾燥を防いでくれます。特に、髪や頭皮の乾燥が気になる方には、とてもメリットがある成分と言えますね。

 

ただし、冬など乾燥がひどくなってくると、皮膚の水分を吸湿してしまうので、逆に乾燥してしまうというデメリットもあります。ですから、グリセリンが配合されている無添加シャンプーを選ぶ時は、他に保湿効果がある成分が入っているかをちゃんとチェックしておきましょう。

無添加シャンプー成分NAVI