フェノキシエタノール | 無添加シャンプー成分NAVI

フェノキシエタノール《無添加シャンプーの含有成分》

グリコールエーテルというアルコールの一種である、フェノキシエタノールという成分は、玉露を揮発する成分として発見されたものです。フェノキシエタノールは、緑膿菌に対しての殺菌作用を持っています。そのため、防腐剤や殺菌剤として使われることもありますし、薬剤の溶剤としても使用されたりします。この成分が無添加シャンプーに含まれているのは、主に、防腐効果によって商品の状態を安定させるためです。

 

ドラッグストアなどで売られている市販のシャンプーには、パラベンやブチレングリコールなどの防腐剤が使われています。これらの防腐剤は、強くはありませんが毒性があります。そのため、使い続けていると、髪や頭皮にダメージを与えてしまい、抜け毛などの原因にもなります。

 

でも、どんなシャンプーもそうですが、防腐剤は商品の安全のためにも必ず必要です。防腐剤が入っていなければすぐに腐ってしまって、シャンプーの効果はなくなってしまいます。ですから、無添加シャンプーと言っても、やはり防腐剤を入れなくては使えなくなるんですね。だけど、毒性のある防腐剤を使っては意味がないので、玉露の揮発成分で自然派成分でもあるフェノキシエタノールを使用しているものが多いんです。

 

ただし、フェノキシエタノールは濃度に関係なくアレルギー症状が出ることがあるのがデメリットと言えますね。それに、防腐力はパラベンよりも低いので、濃度を高くしないといけないため、アレルギーが出る可能性が高いというのもデメリットでしょう。

無添加シャンプー成分NAVI