エタノール | 無添加シャンプー成分NAVI

エタノール《無添加シャンプーの含有成分》

無添加シャンプーには、エタノールという成分が含まれていることがあります。エタノールというのは、アルコールのことでよく知られている成分ですね。エタノールには、とうもろこしなど穀類のデンプンを発酵させて作られている天然醸造アルコールと、人工的に合成された合成エタノールがあります。製造過程に違いがあるものの、エタノールとしての働きはどちらも同じになっています。

 

エタノールには、物質を溶かすという特徴があるため、用途としてはほとんどが溶剤として使われます。また、他にも、殺菌効果や収れん効果があったり、乾燥を促進する作用があるため、化粧品に使われることも多いですね。乾燥促進と言うと悪いイメージがあるかもしれませんが、使用感をさっぱりさせたり、すっきりさせたりするために配合されます。

 

この成分がヘアトニックなどにも配合されているのは、この清涼感があるからなんですね。でも、無添加シャンプーで使われる目的は、使用感のためというより、混ざり合いにくい天然由来成分を混ざりやすくするためです。

 

エタノールは配合量によってその働きが変わってくるので、あまり濃度が濃すぎると、乾燥が促進されてしまいます。ですから、無添加シャンプーにエタノールが配合されている場合には、濃度に気を付けましょう。濃度が高いと、敏感肌の人はかぶれるというデメリットがあります。また、たくさんの量を体内に蓄積させてしまうとがんやアレルギーが発症する危険もあるので、できるだけ濃度が低いものを選んでください。

無添加シャンプー成分NAVI