ラウラミドDEA | 無添加シャンプー成分NAVI

ラウラミドDEA《無添加シャンプーの含有成分》

無添加シャンプーにはいろんな成分が含まれますが、その中でも泡立ちを良くしてくれる働きをしているのがラウラミドDEAという成分です。ラウラミドDEAは、ラウリン酸ジエタノールアミドとも呼ばれる界面活性剤の種類の中の一つ。ヤシ油やパーム油を加水分解した上で、蒸留精製することでできるラウリン酸とジエタノールアミンを合成して作られているのがラウラミドDEAです。

 

ラウラミドDEAは、泡立ちを良くするだけではなく、粘性を高めてくれるので、泡立ちがあまりよくないと言われる無添加シャンプーの機能性を向上させる働きを持っています。さらに、洗浄力や耐硬水性を高めてくれる働きもあるので、より使い心地をよくしてくれるというメリットも併せ持っています。

 

皮膚への刺激を緩和する作用もあるので、頭皮へのダメージもありません。界面活性剤と言うと危険なイメージがあるかもしれませんが、植物由来の成分で作られているので、安心して使うことができるというのもメリットでしょう。ただ、洗浄成分がラウラミドDEAだけ、という無添加シャンプーは少なく、多くの場合他の洗浄成分と組み合わせて配合されています。

 

そうすることで、確かに泡立ちを良くしたり、泡切れを良くするという効果が得られます。その代わり、組み合わせて使われる洗浄成分の質が悪かったりすると、ラウラミドDEAのメリットを十分に得られないことがあります。ですから、無添加シャンプーを選ぶ時は、ラウラミドDEA以外の洗浄成分をしっかりチェックする必要があるというのが、ある意味デメリットと言えるかもしれません。

無添加シャンプー成分NAVI