ラウロイルメチルアラニンNa | 無添加シャンプー成分NAVI

ラウロイルメチルアラニンNa《無添加シャンプーの含有成分》

無添加シャンプーには、アミノ酸系洗浄成分が配合されていることが多いのですが、そのアミノ酸系洗浄成分の中でももっともメジャーなのがラウロイルメチルアラニンNaという成分です。ラウロイルメチルアラニンNaは、ヤシ油やパーム核油など植物由来の油を加水分解した後、蒸留精製することで得られるラウリン酸に、メチルアラニンというアミノ酸を結合させたナトリウム塩です。

 

陰イオン(アニオン)界面活性剤に分類されるラウロイルメチルアラニンNaですが、陰イオン(アニオン)界面活性剤は洗浄剤として主流の界面活性剤です。その利用量は、あらゆる界面活性剤の約半分を占めています。その中で、安全性が高いと言われているのがラウロイルメチルアラニンNaなんです。

 

ラウロイルメチルアラニンNaのメリットは、とにかく低刺激で安全性が高いということ。弱酸性なので、髪や頭皮のPHに近いためダメージを与えることなく洗い上げてくれます。適度な洗浄力があり、脱脂力も強すぎず弱すぎないから、泡立ちがよくて使い心地が良いという特徴もあります。

 

また、無添加シャンプーの場合、洗い上がりはしっとりするというタイプが多いのですが、ラウロイルメチルアラニンNaが使われているものだとさっぱりした洗い上がりになります。髪の毛がふんわりと仕上がるので、ボリュームが欲しいという方にとってはぴったりの洗浄成分と言えるでしょう。ただし、アミノ酸系の洗浄成分としては、比較的高価な成分になります。ですから、ラウロイルメチルアラニンNaが配合されている無添加シャンプーは、お値段が高いのがデメリットでしょう。

無添加シャンプー成分NAVI