ココイルグルタミン酸TEA | 無添加シャンプー成分NAVI

ココイルグルタミン酸TEA《無添加シャンプーの含有成分》

洗浄成分にはいろんな種類がありますが、その中で無添加シャンプーに使われることが多いのがアミノ酸系洗浄成分です。アミノ酸系洗浄成分もいくつかの種類があるのですが、ココイルグルタミン酸TEAと言うのは、その中でも比較的古くから使われている成分です。ココイルグルタミン酸TEAの「ココイル」は、ヤシ油から抽出された脂肪酸という意味で、同じ脂肪酸だとオレイン酸やリノール酸があります。

 

グルタミン酸は、昆布などの海藻類やチーズなどの乳製品に含まれているアミノ酸成分です。海藻類に粘りがあるのは、このグルタミン酸の働きによるものです。ココイルグルタミン酸TEAは、脂肪酸であるココイルとグルタミン酸でできているアミノ酸洗浄成分です。

 

ココイルグルタミン酸TEAのメリットは、洗浄成分なのにコンディショニング効果があるというところです。グルタミンがダメージを受けている部分に吸着して髪の毛を守ってくれるので、髪の毛を洗ってもダメージを与えることがありません。さらに、毛髪に付着して保護し薄い皮膜を作ってくれるため、キューティクルの乱れを修復して、髪の毛をなめらかにしてくれるんです。

 

また、陰イオン系の洗浄成分なので、タンパク質変性作用がなく、頭皮にもダメージを与えません。水への溶解性も高いので、無添加シャンプーの機能性を高めてくれる作用もあるのがココイルグルタミン酸TEAの特徴。成分によってはメリットだけではなくデメリットもあるのですが、ココイルグルタミン酸TEAはデメリットがない希少な成分です。

無添加シャンプー成分NAVI