ポリクオタニウム-10 | 無添加シャンプー成分NAVI

ポリクオタニウム-10《無添加シャンプーの含有成分》

無添加シャンプーだけではなく、市販のシャンプーにも含まれている成分が、ポリクオタニウム-10という成分です。ポリクオタニウム-10と言うのは、植物由来の高分子で、食物繊維でもあるセルロースです。ポリクオタニウム-10は水溶性のカオニチンポリマーで、髪の毛に馴染みやすいようにするためにカオチン化されています。だから、透明なフィルムとなって髪や皮膚に吸着するので、コンディショニング効果があるんですね。

 

無添加シャンプーには、当然ですが洗浄成分が含まれています。洗浄成分と言うのは、髪や頭皮の汚れや皮脂を落としてキレイにする効果があります。でも、皮脂や油分まで落としてしまうと、どうしても髪がきしんでごわついてしまうので、絡まりやすくなったり、ダメージを与えてしまいます。

 

そこにポリクオタニウム-10を加えることで、髪に薄い皮膜ができて、髪のきしみや絡まりを防ぐことができるのです。つまり、ポリクオタニウム-10が配合されていると、髪にダメージを与えることなく洗い上げられるんですね。また、薄い皮膜が髪の毛にハリやコシを与えてくれるので、スタイリングがしやすくなるというメリットもあります。

 

ただし、ポリクオタニウム-10の配合量が多過ぎると、ハリやコシが出過ぎて、髪の毛の柔らかさがなくなってしまうというデメリットもあります。ですから、洗浄成分に対しての割合によっては、髪が硬くなることもあるということ。そのため、無添加シャンプーを選ぶ時には、この成分の配合量が多すぎないものを選ぶようにする必要があるんですね。

無添加シャンプー成分NAVI