コカミドプロピルベタイン | 無添加シャンプー成分NAVI

コカミドプロピルベタイン《無添加シャンプーの含有成分》

無添加シャンプーに含まれるコカミドプロピルベタインという成分は、別名をラウラミドプロピルベタインという両性界面活性剤です。コカミドというのは、ヤシ油を酵素分解して得られるヤシ油脂肪酸です。ベタインはサトウダイコンから作れらる天然由来の成分で、この2つを結合させたものがコカミドプロピルベタインになります。

 

ヤシ油はココヤシの種子、いわゆるココナッツから採れる油で、ココナッツオイルとも呼ばれています。このココナッツオイルに酵素を加えて分解し、そこからヤシ油の脂肪酸を抽出して作られるのがコカミド。コカミドには、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸などの飽和脂肪酸がたくさん含まれています。そのため、総合的な機能に優れているので、無添加シャンプーに配合されるんですね。

 

コカミドプロピルベタインは、天然由来の成分でできているのに、洗浄力が強いという特徴があります。つまり、髪や頭皮にダメージを与えることなく、しっかり洗い上げることができるというメリットがあるんですね。また、髪の毛を柔らかくする効果もあるので、髪に柔軟性が出てまとまりやすくしてくれます。

 

さらに、他の成分の刺激を緩和してくれたり、コンディショニング効果にも優れています。保湿力も高いため、しっとりとした洗い上がりにしてくれるのもメリットと言えるでしょう。毒性もなく低刺激で、アレルギーの報告もないため、コカミドプロピルベタインはベビー用シャンプーにも配合されるぐらい安全性が高くデメリットもない成分とも言えます。

無添加シャンプー成分NAVI