ベタイン | 無添加シャンプー成分NAVI

ベタイン《無添加シャンプーの含有成分》

砂糖大根やキノコなどの植物や、カニやエビなどの甲殻類、タコなどの魚介類から抽出できるのが、ベタインという成分です。ベタインは天然アミノ酸の誘導体で、陽イオンと陰イオンの両方を併せ持った両性界面活性剤になります。天然由来の成分となるので、無添加シャンプーに使われることが多い成分としても有名なのがベタイン。主に、保湿剤として配合されているもので、グリセリンが肌に合わない人にはベタインが良いと言われています。

 

ベタインにはいろんな効果がありますが、特に吸湿性と保湿性に優れています。つまり、髪の毛や頭皮を保湿する効果が高いというメリットがあるんですね。そのため、無添加シャンプーだけではなく、ヘアコンディショナーなどにも配合されることもあります。

 

また、髪の毛に吸着しやすいので、髪を優しく洗い上げて、静電気の帯電を防止してくれます。だから、洗い上がりはしっとりして絡みにくく、シャンプーするだけでも指通りが良くなるという特徴があります。浸透性が高いという特徴もあるので、乾燥した髪や頭皮に潤いを与えたり、弾力性を与えてくれる効果も期待できます。

 

もともとが天然由来の成分ですから、安全性が高いので、ベタインが配合されていても何の問題もありません。化粧水やクリームなど、顔につける基礎化粧品にも配合されるぐらいですから、安心して使えるというのがベタインのメリットですね。あえてデメリットを挙げるなら、希少な成分なので、ベタインを保湿剤として配合している無添加シャンプーは高額なものが多いということです。

無添加シャンプー成分NAVI