ノンシリコンの無添加シャンプーについて

ノンシリコンの無添加シャンプーについて

シリコンというとマイナスのイメージがあるので、表示指定成分だと思っている方も多いのではないでしょうか。でも、実はシリコンは表示指定成分ではないので、無添加シャンプーと言っても、シリコンが入っているものとノンシリコンのものがあります。

 

イメージが悪いシリコンですが、最近はずいぶんと改良されて、アレルゲンにもなりませんし、化学変化も起こすこともほとんどありません。ですから、無添加シャンプーにシリコンが入っていても、ある意味問題はないということです。

 

ただ、シリコンが入っていると、問題がひとつだけあります。シリコンは髪の毛のダメージを一時的にごまかしてしまうので、その無添加シャンプーが本当に髪に良いのかどうかが判断できないということ。あんまり良い成分を使っていなくて、広告でうたっているような効果がないシャンプーでも、シリコンで手触りや見た目をよくすれば、効果があるように思えてしまいます。そのため、自分の髪のダメージに気がつくことが遅くなってしまうんですね。

 

でも、ノンシリコンの無添加シャンプーは、成分や効果をごまかすことはできません。本当に良い成分を配合していないと、髪が受けているダメージが一目瞭然なのがノンシリコンの無添加シャンプーなんです。もちろん、シリコンが入っている無添加シャンプーの成分が悪いということはありません。だけど、ごまかしがきかない分、配合されている成分に信頼がおけるという点では、ノンシリコンの無添加シャンプーの方が良いと言えるかもしれません。

無添加シャンプー成分NAVI